使う前の下準備は?

前回の記事でリアルボディ極生腰を購入し、開封するところまでを紹介しました。

今回の記事では実際にリアルボディ極生腰を使っていこうと思います!

しかし、このオナホの欠点であるベタ付き・ニオイが半端ないので、使用する前に一度洗うということが必要になってきます…。

包装で使用されているビニール袋にはこれでもかってくらい油分が付着しています。

ちょっと分かりづらいですが、元々は透き通っているビニール袋がかなり霞んでしまっています!

この状態で使うと手がベタベタになってしまいとても気持ち悪いです(笑)

オナホを紙に乗せてみるとその油っぽさがよく分かります。

油とり紙でもないのにここまでくっきり油の跡がついてしまっています…。

洗浄でどこまで改善されるか分かりませんが、頑張って洗っていきたいと思います!

洗っていく手順は?

洗っていく手順もクソないですが、実際に洗っていった流れを紹介していきます。

風呂場へ移動

まずは洗うためにオナホを風呂場へ移動していきます。

重量6.3kgもあるので、これだけでなかなか大変です(笑)

なんとか汚い風呂場まで運ぶことができました!

完全に椅子からはみ出ているので、リアルなサイズ感であることが分かってもらえると思います(笑)

ひたすら洗っていく

それでは早速洗っていきたいと思います。

まずは水をかけていきます。

超弾いてます(笑)

かなりのピチピチボディで、水に濡れただけでエロさが倍増しました!(笑)

洗うだけでエロさを味わうことができるのがこのリアルボディ極生腰ならではの魅力です。

次にボディソープで洗っていきます。

ボディーソープといえば、やはりビオレですよね!

素肌と同じ弱酸性でお肌に良く、さらに香りが付いているのでニオイの気になるこのオナホには強い味方です。

正直ボディーソープなら何でもいいと思いますが、結構量が必要なので、予め十分な量を準備しておきましょう。

 

なるべく手で泡立てて、オナホに塗りたくっていきます。

油分が多いので泡立ちにくいです…。

しかし、泡まみれになることで水の時よりも更にエロさが増しましたね(笑)

女体を泡で洗うってなぜかすごい興奮します!

僕含め、AVで風呂シーンが好きな人なんかは洗ってるだけでもたまらないです…。

お尻もしっかり洗っていきます。

前面よりお尻の方が断然エロですね(笑)

風呂場で見ると肌色がすごいリアルに感じて、本物との違いを感じません。

お尻の弾力はほんと本物そっくりなんで、触っているだけでエロさがやばいです…。

後は念のため奥までしっかり洗っていきます。

ちょっとした衝撃画像ですね(笑)

結構簡単に手が入ってしまうので、ヴァギナ側はそこまでのキツさがありません。

片手での撮影は難しく、ちょっとボケてしまっているのは申し訳ないです…(笑)

後は全体の泡を洗い流して完了です!

後はタオルで丁寧に拭いてやります。

THE 風呂上りって感じで、ちょっとした介護をしている気分になります(笑)

こうやってお手入れをしていくと、愛着がわいて、より使っていて気持ちのいいオナホになるはずです…。

洗った後どんな感じ?

以上でオナホの洗浄が完了しました。

すでに重さによる腕の疲労感が結構あります…。

何よりなんかすごい悪いことをしているみたいで、犯罪者にはなりたくないなと思いました(笑)

油っぽさは改善された?

ボディーソープで洗うことで、オナホ表面のヌルヌル感がなくなるのを実感することができました。

触れた時の気持ち悪さがなくなり、さらにリアルボディに近づいたと感じます!

それでは、油っぽさがどのくらい改善されたか、洗う前に行った紙の上に置くという実験を再度行ってみます。

すでに触っただけでかなり効果を実感しているので期待が高まります。

果たして結果は…。

やはり完全に油っぽさを消すのは無理でしたが、ほとんど分からないレベルしか油が付きませんでした!

左が洗う前で、右が洗った後です。

こうして見ると効果は歴然です。

洗浄後のお手入れは?

油っぽさがほとんど解消されて、これで快適なオナニーライフが保証されたも同然です…、が、更に上のレベルを僕は目指していきます!

オナホ上級者の方ならみんなやっていると思いますが、オナホとベビーパウダーを組み合わせることで、非常に快適にプレイ可能になります。

今まで僕はやったことありませんでしたが、今回は気合を入れてベビーパウダーも調達してきました。

どんなベビーパウダーがいいのかよく分からないので、適当に良さげなのを買ってきました。

しかし、フタを開けてビックリ!

塗る時に使うパフが入っていませんでした…。

パフは絶対付いてくるものだと思い込んでいたので注意が必要ですね。

Amazonでは同タイプのものでパフ付きのやつがあるので、こちらを買うのが使いやすくていいと思います。

気を取り直して、頑張ってベビーパウダーを塗りたくっていこうと思います。

体に悪いものじゃないですが、粉を直接手で触るのは少し抵抗があるしやりにくいです(笑)

非常に効率が悪いですが、粉をまぶしては広げていくという処理を続けていきます。

パウダーを塗るとほんとに手触りが段違いに変わります!

塗ってないところは触ればすぐに分かるので、どんどん全体に粉を塗りこんでいきます。

お尻にもしっかり塗っていきます。

やはりお尻は何回触ってもエロいです(笑)

パウダーで肌触りがサラサラになり、更に触り心地がエロいことになってます!

全体に万遍なく塗ることができたら、洗浄後のお手入れが完了です。

今度こそオナホ使用前の下準備が完全に完了です!

後は自分の思うままに腰を振っていくだけですね(笑)

まとめ

今回はリアルボディ極生腰の使用編ということで、使用前の洗浄から表面処理をテーマとして紹介しました。

オナホのサイズがかなり大きく、重さもあるのでちょっとした労働になりますが、達成感はかなりあります(笑)

介護レベルのお手入れが必要な点も正にリアルボディでしょう。

もう後はローション塗りたくって好きなだけ腰を振るだけです!

実際、我慢できずにお風呂場でプレイしちゃってますが、セックスでしか味わえないような快感を気軽に体感できるので、このオナホのコスパに勝るオナホはない気がします…。

是非皆さんもリアルボディ極生腰で全く違うオナニーライフを手に入れましょう!